私はたびたび不安にかられサプリをよく利用します。数年前までは抗不安薬を頓服で(不安や緊張が昂じた時に)服用しておりましたが、やめるのが大変でした。そういった薬剤は耐性や依存性が強く、飲まずには過ごせなくなるのです(薬が効いていない時間は不安に耐え切れなくなる)。病院で処方される抗不安薬や睡眠薬はれっきとした薬剤ですので、副作用がつきもの。その反省から、できるだけ副作用のない市販されているサプリメントを探して不安解消サプリを購入するようになりました。不安解消サプリは、抗不安薬のようにものの数分で「すっと落ち着く」「眠くなる」ということはありません。効き目はとても穏やかです。しかし、穏やかな効き目ながらも、微細な部分では作用しており、冷静さを支えてくれる気がするのです。「飲んでいて安心」という効力感からも、緊張しやすい場面の前に不安解消サプリを飲んでおります。

最初に不安解消サプリを知った時は、「副作用があったらどうしよう」と少し不安でした。しかし、市販されているほとんどのサプリメントには副作用はありません。副作用が出るほどの影響を及ぼすなら、それはもはや病院が取り扱う「薬剤」なわけであって、精神科で処方される「向精神薬」に分類されるからです。不安解消サプリには、耐性や依存性、離脱症状といった副作用がありません(少なくとも自分は感じていません)。あるとしたら、「飲み忘れた時に不安になる」「アガリやすくなる」といった、解決されないメンタル面の問題ですね。こればかりは努力や根性ではどうすることもできません。そういった時に、やはり何か自分を支える杖のような物があっても良いと思います。自分を不安に陥れる状況を避けるために手を打つのも、社会人としての仕事の内だと思います。

カテゴリー: 未分類